2012年06月30日

レトロな音楽を作るためのツールたち

PCでレトロな音楽を作るのに役立つソフトなどを紹介します。(ありがたいことに全部フリーウェア。)
作曲に関しては、かなり経験の浅いど素人なので、あんまり詳しい機能解説はできませんが、「とりあえず、こういうツールがあれば、ファミコンっぽいのできるよ!」っていう簡単な紹介です(^_^;)

自分の制作手順
・midiシーケンサで作曲する。
・DAWのVSTiでmidiのデータを鳴らす。
・WAVEで書き出す。
・他の曲との音量を統一したり、不要な無音をカットしたり編集する。
・mp3で書き出す。

midiシーケンサ
domino
ピアノロールをメインとしたMIDI専用のシーケンサ。ファミコン風にする必要がなく、単にゲーム音楽を作るというだけなら、これだけで十分かもしれません。

ちなみに自分はmidiはYAMAHAの「QY70」っていう、外部のシーケンサを使ってます。たまたま中古で安く手に入ったんだけど、これ個人的にはめっちゃおすすめ!そんなに大きくないから持ち運べるし、気軽に作曲できる。
何気にずっとPCの前に座って作曲するのって、自分はきついかも…。

DAW
midiデータを後述のVSTiで鳴らすためにDAWがあると便利です。
市販のDAWのことは、あんまり詳しくないのでよくわからないんですが、けっこう高いのが多いですよね。
単にレトロな音楽を作るのに高価なDAWを買うのは相当もったいないと思います。

で、フリーのDAWでまともにVSTiが使えるのは、おそらく「REAPER v0.999だけ。)最新バージョンは4.22で、これは有料。
reaper.JPG
こちらに日本語化パッチも置いてます。

他にも「music studio producer」という、日本製のフリーのDAWや、「MU.LAB FREE」というDAWでもVSTiが使えるみたいですが、僕はうまくいきませんでした(ーー;)
OSはwindows7 64bitです。他のPC環境ならうまくいくかもしれません。

ちなみに、複数のトラックを有するmidiデータをreaper v0.999で読み込むと、一つのトラックに全部まとめられちゃって、トラックごとの編集ができなくなってしまうようです。
ので、あらかじめ各トラックごとに別々のファイルにする必要があるんですが、「SMF track separator」というソフトを使えば、midiファイルをトラックごとに分割保存してくれます。
そしてそれぞれのファイルをreaperの編集画面にドラッグすれば、reaperの方に読み込まれます。

VSTi
midiの音色を変えることができるプラグイン。
これが、ファミコン風の曲を作るための核みたいなもんですが、ファミコンのようなレトロな音を再現するVSTiってフリーでけっこうあるんです。

Magical 8bit Plug
ファミシンセU
Proto PSG
RETORIZER
peach,toad,triforce(3つ)

使い方は、「dll」ファイルをreaperフォルダの中にあるplug inフォルダに入れるだけ。
後はreaperにmidiを読み込んで、各トラックにある「fx」というボタンを押せば、読み込んだVSTiを選ぶことができます。
reaper2.JPG

各VSTiの操作パネルにはいろんなつまみやスライドバーがついてて、それを動かすことで音色を調節することができます。
特にデフォルトの矩形波は、かなりどぎつい音なので、なんらかの手を加えた方がいいかも。

*注意!!*
全部フリーなので、使用は自己責任で!
VSTiによっては、reaperの動作が不安定になるものもありました…。

WAVEの編集
たぶん、reaper上でもできると思うんだけど…
自分のreaperの使い方がどこか間違ってるのか…どういうわけか、書き出したWAVEファイルの音を普通の音楽プレイヤーやウディタで鳴らすと、reaper独自のプロジェクトファイルの音と微妙に違うときがあって(あるトラックの音が少し小さくなったり、ドラムの音がまろやかになりすぎてたり)、なのですべてをreaper上で済ませた場合、完成したものをいざウディタで聞いたら、意図したものと少し違うということになると困るので、出来上がったWAVEファイルの音の確認と編集は別のソフトでやることにしてます。

Sound Engine」というソフトを使ってます。
このソフトで無用な無音部分を切り取ったり、きれいにループさせるために何回か連結させたりします。
なにより便利なのは、「オートマキシマイズ」という機能で、この機能を使えば、複数の曲のそれぞれバラバラの音量を平均化して統一することができます。

MP3に書き出し
Sound EngineでMP3に書き出せたら楽なんだけど、それができなかったので、MP3に変換するソフトを使います。
自分はSound Engineと同じような編集ソフトの「Audacity」というソフトを使ってましたが…
単にMP3に変換するってだけなので「BatchWOO!」なんていうソフトもお手軽で便利です。


その他おすすめ
VSTiを使わずにやる方法もあります。

Retro Music Editor
その名のとおり、レトロな音楽を作るためのシーケンサ。日本製なのもうれしい。
矩形波、三角波、ノイズ、のほかPCM、波形メモリ音源、FM音源を搭載。ピアノロールがついてるので、このソフトで一から作ることも可能だし、midiを読み込むこともできます。
ただ、それぞれの波形の編集は数値入力によって行うので、ちょっと感覚的ではないかも。かなり細かいことができるにはできるんですが…

MUSAGI
めっちゃ知名度低そう…(^_^;)
外国製なので、ヘルプわかりません。日本語の解説はたぶん、上記のリンクだけ。
midi読み込めないです。このソフトで一から作ることになります。でも機能は豊富みたい。
音楽やってる友人がかなり気に入ってた。

FamiTracker(ファミトラッカー)
個人的にはmusagiも無理なんですが、これはもっと無理!
でも「ファミコン風」ではなく「紛れもないファミコン」の音を目指すなら、このソフトがベストみたいです。
なんでもこのソフトで作った音はファミコン実機で鳴らせるんだとか?!
midiは読み込めることは読み込めるのですが…。
しかし、ファミコンの基本音色に加えて、実際にコナミなどで使われた拡張音源なども使えるという本格っぷり。
ストイックな勇者はぜひどうぞ(^_^;)



フリーでVSTiが使えるDAWはreaper v.0.999だけと書きましたが、「podium free」というソフトでもVSTiを使うことができました。
あと、ずっと無料かどうか分からないけど、「ohm studio」というソフトのベータ版が今無料で使えてて、それでもVSTiが使えるようです。
posted by マルムギコウジ at 16:13| Comment(2) | TrackBack(0) | お役立ちソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
入力の仕方に慣れてしまえば
famitrackerでも問題ないですよ。

でも苦手な人はやっぱり苦手なようですね・・・

自分はダブルモニタでDOMINOと
famitracker併用しています。
Posted by 杉ちゃん at 2014年09月07日 19:23
はじめまして。
コメントありがとうございます。

そうなんですか〜。
famitrackerは少し触って「無理っ!」て判断しちゃったから、もうちょっとくらいついてみるべきかもしれませんね。

インターフェースに鍵盤の絵でも描いてあれば、ちょっとは安心感がでるんだけど…(^^;)
数字とアルファベットだけの入力画面に思わずひるんじゃいました。
Posted by マルムギ at 2014年09月07日 21:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック